知らないと恥ずかしい!正しいマナーを知ろう

>

あなたのマナーは大丈夫?

上から目線に取られてしまう言葉

言葉はとても難しいものです。
そんなつもりはなくても、相手を不快にさせてしまう言葉はあります。
その一つが、上から目線に取られてしまう言葉です。

例えば「お世話様です」と「お世話になっております」です。
電話口などでよく使われる言葉ですが、前者の方は目上の人が目下の人に使う言葉です。
同じようなものに「ご苦労様です」と「お疲れ様です」があります。
どちらも一見正しく使えそうですが「ご苦労様です」も実は目上の人が使う言葉。
相手をねぎらうのなら後者を用いましょう。
ビジネスマンと呼ばれる人たちでも間違えている人が多いのが「了解です」と「かしこまりました」です。
よく「了解です」と使う方がいるのですが、基本的にNGです。
「承知しました」もあまり好まれません。
かしこまりました、と返事をするのが好感です。

意味がたくさんある言葉

日本語の難しいところは同じ言葉でも場合によって違う意味を表すことができることです。
外国人の方が日本語を学ぶ上で、最も難しいと感じるそうです。

「すみません」と「すいません」では何が違うかご存知でしょうか?
実は「すいません」という日本語はありません。
「すみません」が正しい日本語となるわけですが、ここで一つ問題があります。
それは、お詫びの意を表すのか、感謝の意を表すのか、このような活字では分からないということです。
このように、様々な意味でとることができる言葉は、公的な場では避けた方がよいでしょう。
お詫びの場合は「申し訳ございません」で、お礼の場合は「ありがとうございます」といった言葉を使うようにしましょう。
相手を気遣って言葉を誤解のないように選ぶことがマナーです。


この記事をシェアする